タワークレーン

image

愛知県内の賃貸マンションの建設現場で、日中の現場管理用と夜間の防犯用に「ネットビューシステム」を設置しました。場内を出入りするゲートや、場内全体を監視できるよう現場中央に位置するタワークレーンのポスト部にBB-HCM531を設置しました。
BB-HCM531は屋外にも設置できるJIS・C0920(防水規格)に準拠しているので建設中の工事現場などでは非常に有効です。

image

さらに建物の最上部の進捗状況や安全管理が遠隔地で行えるよう、 タワークレーンの上部の点検用ステージにも1台取り付けました。
※写真は 自社製のハウジング内に屋内用のカメラ(BB-HCM581)を収納しているので、メーカーの保証外の設置方法です。




image

※画像は実際に記録した建物最上部(スラブ上)の映像です。
このマンションは14階建てのうえ、現場事務所も敷地から数100メートル離れた場所にあるため、監督が建物最上部まで行くには相当な時間がかかっていましたが、「ネットビューシステム」はリアルタイムでカメラを上下左右に操作する事が出来るので、離れた現場事務所に居ながら、最上部の作業エリア全体もくまなくチェックすることが出来ます。

ネットビューシステムの詳しい情報はこちらから。
    ↓
http://www.around-sys.jp


2009年8月19日 19時53分 【建設現場】導入事例 コメント0件 トラックバック0件

 
profile
筆者
株式会社 瀬戸電気
ホームページ
topics
calendar
<前月 2009年8月 翌月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
recent_entry
recent_comment
archive
category
RSS
XML